ひじ・手首・手の痛みを取り去る

query_builder 2022/06/20
ブログ
24048902_s

◆腕の構造と役割


私たちの生活のなかで、腕はとても重要な役割を果たしています。物をつかむ、ボールを投げる、楽器を奏でる、手芸や細かい手仕事を行うなど、肩から指先までのさまざまな動きに対応してくれます。


腕は、肩関節からひじまでは、太い上腕骨1本とその周りにある3つの大きな筋肉からできています。


ひじから先は、2本の骨(橈骨と尺骨)と大小いくつもの筋肉、腱、じん帯が、狭い空間に収まっており、その中を神経が通り、細い手首を越え、手へとつながっています。


私たちが、腕を自由自在に動かせるのは、このひじや手首、手の関節や筋肉、腱などが連動して見事な相互作用をしているからです。そのなかでも、ひじは、肩と手首をつなぐ重要な役割をしています。



◆ひじ、手首、手の痛みの原因


ひざが股関節や足首との見事な仲立ちとして動くのと同じように、ひじも肩と手首を微妙に調整しながら動いています。手首と手が、とても複雑で精密や動きができるのは、仲介役をしているひじのおかげなのです。


ところが、現代生活では、狭い範囲の中でしか体を動かさずに生活しているため、肩はすぼまり、丸まって筋肉がますます動かなくなっています。


肩が関節として動かなくなると、腕にも大きな影響を及ぼします。ひじは肩の働きを代行しはじめ、何か重い物を動かすといった仕事を、ひじと手首が担うことになってしまいます。


そうすると、腕は、ひじから手首までしか使わなくなり、筋肉の働きがあっという間に落ちて、手首とひじの痛みは避けられなくなります。


しかし、今まで述べてきたように、ひじや手首、手の痛みも、筋肉と骨格を人間がもつ本来の構造に戻せば、すぐに改善できるのです。



首・肩・手・腰・膝・足など人間の身体は全て繋がっています。 よって「筋肉を再教育」することで血液の循環を良くし、自然治癒力を最大限に高めます!


長野県 松本市 整体院 姿勢専門整体Life 小泉

記事検索

NEW

  • ひじ・手首・手の痛みを取り去る

    query_builder 2022/06/20
  • 痛みや症状は結果として現れただけ。根本的な原因は、筋肉のアンバランスと体のゆがみ

    query_builder 2022/05/29
  • 腰痛のまとめ

    query_builder 2022/05/25
  • 腰痛の治療法を選ぶ4つのポイント

    query_builder 2022/05/22
  • 症状名に振り回されると腰痛は治らない

    query_builder 2022/05/19

CATEGORY

ARCHIVE