足で悩んだら、解剖・運動学に立ち返る

query_builder 2022/02/12
ブログ
22837072_s

歩行時のメカニズムです。


人の足は着地する時に、踵周りの骨や関節の仕組みが、足の骨同士の結束を緩め、アーチ構造(土踏まず)をたわませることで衝撃を吸収します。


着地後、身体を支え推進する時には、踵周りの骨や関節の仕組みが、足の骨同士の結束を強め、しっかりとしたアーチ構造を形成し、テコの原理で効率よく蹴り出せる運動を作り上げます。



適切なタイミングで「柔らかい足」「硬い足」と切り替えができなければいけません。



よって、

5本指ソックスは、足が悪い人は履いてはいけない着地した時に、過剰に内側に倒れるから


指を矯正する器具を使ってはいけない踵の問題だから


土踏まずを持ち上げるインソールを使ってはいけないアーチは自由な動きを奪われて、バネの機能を発揮できなくなるから


正しい靴下、靴を合わせて履かなければいけない関節の位置がずれるから


足だけではなく、全身の歪みを診なければいけない身体は全部繋がっているから


足は一日の中で長さも幅も変化している



正しい足のバイオメカニクスになっているか


その基準で見てみてください。



首・肩・手・腰・膝・足など人間の身体は全て繋がっています。 よって「筋肉を再教育」することで血液の循環を良くし、自然治癒力を最大限に高めます!


長野県 松本市 整体院 姿勢専門整体Life 小泉

記事検索

NEW

  • 背骨と腰痛の関係を知ろう!

    query_builder 2022/05/15
  • なぜ、股関節の痛みをかばい続けると、腰痛を引き起こすのか?

    query_builder 2022/05/08
  • 腰痛を根本から治す考え方

    query_builder 2022/05/05
  • なぜ、腰に「異常がない」のに、腰が痛いのか?

    query_builder 2022/05/02
  • 腰痛の8割が原因不明

    query_builder 2022/04/20

CATEGORY

ARCHIVE