足の痛みを取り去る

query_builder 2022/01/18
ブログ
22076568_s

◆足の役割

足には、大きくわけて2つの役割があります。


直立した体を支えること


歩いたり走ったりする時に、地面から受ける衝撃を吸収し、スムーズに移動すること


足は車でいうと、タイヤのようなものです。体の一番下にあり、直接地面に接触しています。タイヤがないと車が走れないのと同じく、足がなければ、体も移動することができません。


スムーズに体を動かすためには、足の裏が毎回地面に「正しく」着地することが、とても重要になります。



◆正しい足の運び方、体重のかけ方

健全な足は、歩いたり、走ったりする時に、①かかと②親指の付け根(拇指球)③足先という順番で着地します。


もし、このような順番で足が動いていなければ、それは体重を支えている体のどこかに問題がある証拠です。足は、これ以外での足の動き方に適応するようには、デザインされていないのです。



◆足に多い疾患と痛みの原因

足の裏には、アーチ(弓)形をした土踏まずがあります。建築家は理解しているように、アーチというのは非常に強い構造をしています。


この足のアーチ形をした土踏まずは、全体重を支え、地面から受ける衝撃を吸収する仕組みになっています。


しかし、なかには「偏平足」と呼ばれる、土踏まずのない足もあります。偏平足は、衝撃を吸収する仕組みがないので、足の裏全体が直接地面についてしまいます。


そのため、足の裏に受ける衝撃が、下肢(足)、ひざ、全身に直接伝わり、疲れやすく、ケガもしやすくなります。


また、足の裏がうまく働かなくなると、これをかばうために、ふくらはぎやひざ、股関節、腰の筋肉が、足の代役をつとめようとしはじめます。


つまり、足の裏の代わりに、別の筋肉が、体重の移動や足の運びを調節したり、地面に着いた時の感触、反応を確かめるようになるのです。


これらは、すべて体にとって正しい働きではないため、足関節、すね、膝、股関節、骨盤、腰など全身の歪みやさまざまな疾患、ケガにつながります。


満足の漢字も「」が「満たされるって書きますよね(笑)

足が満たされていくことで、毎日の生活が良くなります!


もちろん、足だけではなく、全身の筋肉のバランスを診る必要があります!



首・肩・手・腰・膝・足など人間の身体は全て繋がっています。 よって「筋肉を再教育」することで血液の循環を良くし、自然治癒力を最大限に高めます!


長野県 松本市 整体院 姿勢専門整体Life 小泉

記事検索

NEW

  • 背骨と腰痛の関係を知ろう!

    query_builder 2022/05/15
  • なぜ、股関節の痛みをかばい続けると、腰痛を引き起こすのか?

    query_builder 2022/05/08
  • 腰痛を根本から治す考え方

    query_builder 2022/05/05
  • なぜ、腰に「異常がない」のに、腰が痛いのか?

    query_builder 2022/05/02
  • 腰痛の8割が原因不明

    query_builder 2022/04/20

CATEGORY

ARCHIVE