知っている・できる・やっている・「正しくやっている」は全く違う

query_builder 2021/11/27
ブログ
IMG_0073

「実践できているか」それが全てだと思いますが


一つ加えて下さい。


「正しく」やり続けること。


この「正しく」は、奥がとても深いです。流れ作業でやっているのか、しっかりと意識してやるのか。



使えていない筋肉をゆっくりと刺激を入れて目覚めさせる



歩くことが健康に良いのは多くの方が分かりますが、それが正しい身体の状態で歩いているか」が大事です。



筋肉が正しく動いていない体で、ジョギングやウォーキング、などで身体を動かすことは、かえって他の筋肉や関節に負担をかけて、逆に痛みの原因になってしまうことがあります。



考え方もそうです。コップに水が半分しか入っていない、まだ半分もある。状況は同じなのに捉え方が全く違います。自ずと結果も変わってきます。


テレビや本で見たからと、ただ歩けばいいというのは間違いです。


「正しく」


よって回数やスピードなど、他人と比べずに、自分のペースで少しずつ正しく継続


1分を 60秒と考えれば、見方も変わってくるはず!


やることは大事ですが、

正しく実践しないと逆に身体を痛めてしまう。


ということは、10知っているより、2正しく実践できていた方がよっぽど良いということになります!



一歩一歩確実に!!!



首・肩・手・腰・膝・足など人間の身体は全て繋がっています。

よって「筋肉を再教育」することで血液の循環を良くし、自然治癒力を最大限に高めます!


長野県 松本市 整体院 姿勢専門整体Life 小泉


記事検索

NEW

  • 背骨と腰痛の関係を知ろう!

    query_builder 2022/05/15
  • なぜ、股関節の痛みをかばい続けると、腰痛を引き起こすのか?

    query_builder 2022/05/08
  • 腰痛を根本から治す考え方

    query_builder 2022/05/05
  • なぜ、腰に「異常がない」のに、腰が痛いのか?

    query_builder 2022/05/02
  • 腰痛の8割が原因不明

    query_builder 2022/04/20

CATEGORY

ARCHIVE